ゆっくり下ろう大倉尾根(塔ノ岳登山その3)

下山開始、そして膝の痛み

その2はこちら

 なんだかんだ山頂に1時間少々滞在。14:30下山開始。登山道は階段や木道でよく整備されている。少し整備され過ぎている印象である。直線的に、あまり蛇行せず、そして急に下っていく。地図上の歩行時間は、大倉駐車場までで2時間10分と圧倒的に早い。さらに道中には多くの山小屋がある。こちらから登る登山者が多いのだろう。しかし、登ってきた表尾根に比べると見晴らしはあまり良くない。個人的には、登りに使ってもあまり楽しくなさそうだ。

 見晴らしもなく、山頂でのんびりし過ぎたこともあり、脇目も振らずに一心不乱に下る。後になって考えると、これがいけなかったのだろう。40分ほど下ったあたりで、膝に違和感を感じる。痛い。着地に変化をつけたりしてみるが、変わらない。痛いぞ。歩いた距離の問題ではなさそうだ。足早に高低差の大きい歩行を続けたせいで、膝にダメージが溜まったのかもしれない。緩やかに蛇行しながら下る道にも、膝に優しいという利点があるようだ。歩けないほどの痛みではないので、ペースを少し落として下山続行。

 半分を過ぎたあたりでコーヒーブレイクをとる。閑散とした山の中で、達成感と共に味わうドリップコーヒーは至福である。これだけでも、今日の苦労が報われる。

 たっぷり30分ほど休憩して、さらに下山。若干なだらかになってきたようで、膝の痛みは出なくなった。山頂から2時間少々で舗装路に出た。さらに、そこから15分ほど住宅の間を歩き、大倉駐車場に到着。時刻は17:00、ヤビツ峠からは約8時間であった。

渋沢駅から新宿駅へ

 大倉駐車場(大倉登山口)は、秦野戸川公園という公園の一部のようだ。バーベキュー場やクライミングウォールなどもあり、とても大きな公園だ。さらに、バス停付近にはコンビニ、ビジターセンター、トイレ、足洗い場があり登山者のターミナルになっている。バスは30分に一本のペースで運行していて、利便性は高い。20分ほど待って、バスに乗車。渋沢駅へ向かう。

 17:38渋沢駅北口到着。そのまま改札へ向かう。ロマンスカーは渋沢駅には停車しないようだ。タイミングよく急行列車が来たため、乗り込む。座席を確保できた。乗り換えるのが面倒になったので、このまま新宿まで行くことにする。乗り換えがないのは、疲れた体にはありがたい。心地よい疲労の中で、たっぷりうたた寝をする。19:05新宿駅着。

まとめ

 今回、公共交通機関を使っての塔ノ岳登山であったが、この計画であれば日帰りでも可能である。その場合、朝の7時頃発のロマンスカーに乗れば、8時過ぎに秦野駅に到着することができる。できれば混雑の少ない平日の方が良いが、土日休みの場合には金曜日の夜から出発する計画でも良いと思う。

 マイカーを使った方が、時間の縛りがないし、気分的にも楽である。しかし、交通費は高速代とガソリン代で3倍以上かかる。複数名で行く場合なら良いが、単独であれば安くはない。ルートはある程度限定されてしまうが、定期的に登ろうという場合には、この小田急線を使った計画は、気軽で、財布にも優しい。次回は、大山に登ろうかな。

  • 所要時間     7時間43分
  • 沿面距離     15.15km
  • 累積標高(+)  1124m
  • 累積標高(ー) ー1593m