DW:「コロナの記録」(原題:Corona diaries)

Corona diaries | DW Documentary

様々な人たちの記録

 これは新型コロナウィルスの中で生活する人々の記録映像です。出演しているのはレポーターではなく一般の人たちです。さらに、取材のカメラはなく、スマートフォンなどの自分の撮影機材で撮られたもののようです。現在、さまざまな環境でなんとか日々を乗り切っている人たちがいます。これはそのような人々の実情を伝えたセルフレポートです。

ニュースで伝えられるのは政治的、社会的に重要な出来事が中心です。一方で、今まさに切迫した現場にいる人たちの声は限定的にしか伝わりません。ここで紹介される人たちのメッセージは政治的なものではなく、彼らの心の声です。

March 16 2020, the world holds its breath. The COVID-19, corona virus has turned people’s lives upside down, no matter where they live.

2020年3月16日、世界中が息を止めました。新型コロナウィルスが人々の生活をひっくり返してしまったのです。それは、世界中のどこに暮らしていても同じでした。
  • hold one’s breath : 息を殺す
  • upside down : (上下)逆さまに
  • no matter where : たとえどこで〜

ICUで働くマリア(スペイン)

 ICUで働く人たちは厳しい状況です。自分たち自身の安全が十分に確保できない状況にあっても、彼女たちは働かなくてはなりません。そして、ベッドや人工呼吸器などの数が足りないため、通常であれば救えたはずの患者を助けることができません。マリアはこの日、七十二歳の女性に終末患者用の鎮静剤を投与しました。ICUに空きがなく、人工呼吸器を使用することができませんでした。手を尽くすことができなかったことを彼女は悔やみます。

街頭では、医療従事者を激励するために喝采が起きていて、彼女たちは英雄のように扱われているようです。しかし、1ヶ月以上も現場で悲惨な光景を見てきたマリアは違和感を感じています。医療従事者も私たちと同じ人間です。彼らの精神状態のケアがなくては、コロナウィルスとの長期戦は戦えないでしょう。

I became a nurse to heal people not to let them die. But that’s what sometimes boils down to we just don’t have the means to save everyone.

私は、人々の死をただ見届けるためではなく、癒すために看護師になったはずです。でも結局、全ての人を救うための準備がないというジレンマに行きついてしまうのです。
  • heal : 癒す
  • boil down to A : 煮詰まってAになる
  • mean : 手段

Today at 7:30 in the morning, when my shift was ending, I had to give her a sedative. So she could die with some dignity. Because we couldn’t save her.

今朝7時30分にシフトの終わりに、私は彼女に鎮静剤を投与しなければなりませんでした。これで、彼女はいくらかの尊厳を保って死んでいくことができるでしょう。私たちは彼女を救うことができないのです。
  • sedative : 鎮静剤
  • dignity : 尊厳

It also romanticizes what we do. It gives us this hero status that has nothing to do with reality. It romanticizes precarious working conditions that were never any good.

彼らは、私たち(医療従事者)を美化しています。(ひどい)現状とは無関係の英雄の称号を与えようとします。今の医療現場の危うくて悲惨な状況を美化しようとしているのです。
  • romanticize : 美化する
  • status : 地位、身分
  • nothing to do with A : Aとは無関係な
  • precarious : 危うい

ロックダウンした街で暮らすマジディ(イラン)

 一方で過酷な環境においても平穏に生活を送っている人もいるようです。イランの首都テヘランは政府の対応が遅れたためにロックダウンしているようです。そこで暮らすマジディは、自宅で作った料理をインスタグラムに投稿したり、パン焼きに挑戦したりしています。

彼の不謹慎とも思われかねない行動には理由がありました。彼は化学療法を受けているせいで免疫系が弱っているそうです。そのため、コロナによる外出禁止令よりも前から自宅に留まって生活していました。彼にとっての変化は、友人たちが気を遣い訪ねてこなくなったことくらいのようです。

現在、医療従事者をはじめとしてコロナウィルスによって生活を変えられてしまった人たちがたくさんいます。その一方で、いつも通りの生活を送ることができる人もいます。いずれこの状況が落ち着いた後で、次の課題は通常の生活を取り戻すことになります。そのときに、彼のような「いつもどおりの生活」を維持していた人たちの存在が重要になるのかもしれません。

These times are really stirring my culinary creativity. I’m very happy about that.

この状況が、私の料理に対する創造力を掻き立てています。それはとても喜ばしいことです
  • stir : 呼び起こす
  • culinary : 料理の

Today I’m going to bake bread for the first time. I’m excited. Corona has turned me a baker.

今日は生まれて初めてパンを焼きます。ワクワクしますね。コロナは私をパン職人にしました。

ウーバーイーツ配達員のチャック(ニューヨーク)

ウーバーイーツの配達員であるチャックはニューヨークの街頭を映しています。そこはもはや世界経済の中心地とは思えないほどひっそりとしています。3月11日にロックダウンして外出規制がされました。それ以降も感染者は増え続け、ニューヨーク市の死者数は桁違いの2万人という数字になっています。

彼の撮影した映像には、密集して商品を受け取る配達員たちの姿がありました。数名はマスクをしていません。デリバリーは必要なサービスとして外出を許されているようですが、一方でリスク管理の統制は取れていないようです。感染者の数は日に日に減っていますが、まだまだ混乱の中という印象です。

The sound of New York these days is the sound of the ambulance passing by. There is so many ambulance cars on the street that you can hear it through the whole day non-stop.

このところのニューヨークで聴こえる音といえば通り過ぎる救急車の音だね。街のそこら中に救急車がいて、一日中ノンストップで(サイレンが)聴こえるよ。
  • ambulance : 救急車
  • whole day : 一日中

ホームレスに石鹸水を作る画家のダノ(サンパウロ)

画家である彼は、時間はあるものの創作活動をする気にはなれないようです。その変わりに何かできることがないかと考え、あることを思いつきました。それは、空になったペットボトルを2つ用意して、片方には水を、そしてもう片方には石鹸水を入れたセットを作ることでした。

サンパウロには多くの路上生活者の人たちがいるようで、彼らの衛生状態は良いとはいえません。このボトルセットは、そのような人たちでも簡単に用意できるものです。実際に彼が広めようと投稿したビデオを見て、自分自身で作って携帯している路上生活者もいました。

医療従事者でも政治家でもない私たちには、このコロナウィルスによってもたらされた状況を大きく変える力はないかもしれません。それでも、身の回りに目を向ければまだまだできることがあるのかもしれません。彼のアイディアが路上生活者の人たちへ広まっていったように、全ての人の小さな努力の積み重ねが早期の完全な勝利へとつながるのだと思います。

The idea is that people make emergency kits so that those who live on the street get a little healthy.

考えたのは、路上生活の人たちが少しでも衛生的になるように緊急用具をつくることです。
  • so that A : Aするために

Let’s keep it up and get through this.

頑張り続けて、乗り越えよう。